車 買取 業者

車買取、高額査定の極意!

MENU

買い取り店で変わる最高値

車買い取りの業者は大手を中心に全国に広がっており、一括査定サイトにも150社以上が登録されています。
それらの業者はどのように買取価格を決めているのでしょうか。それは、それぞれの業者が商品として売り出すときに利益が出るかどうか、というあたりまえの基準で決まってきます。商品としての流通価格は車種や年式も含めて「人気」で決まってくるのですが、全ての業者が同じ条件で売れるとは限りません。

 

日本では売れなくても海外では人気がある場合、海外への輸出ルートを持っている業者は高価で売ることができますし、自社工場を持っている場合は整備費用を安く抑えることができるので少し高価でも仕入れることが可能だったりします。
また、在庫を多く持てる業者は多少利益率が低くても量を確保しますが、持てない業者は一台当たりの利益率を高くとる必要がある為、どんどん仕入れるわけにはいかないのです。

 

この様に業者によってそれぞれ違いますので、大手も含めて数社の見積りをとって最高値の業者がどこか見極める必要があります。

買取業者によっていくら差が出るか

複数の車買い取りの店舗に見積もりを依頼した場合、どの程度差が出るのでしょうか。
駆け引きによって見積もりを低く出してくることも当然ありますが、実際に出せる最高値の限界は店舗によって違ってきます。海外への輸出ができるかどうか、自社工場の有無、資金力、エリアの違いによる車の人気の差、大手中古車買取の支店で目標が達成していない場合等、様々な事情があります。

 

北海道ではFRは不人気で4WDが人気なため高価が付いたり、道が広いので大型車が人気だったりしますし、高価な高級車は所得が高い関東の方が人気があったりします。
実際に出せる最高値の差額とどこまで最高値付近までく頑張ってくるかで決まりますが、下取りで3万円・A店が25万円・B店が35万円というケースや、下取りが20万円・C店が70万円・D店が85万円などということが、今現在の買い取りの現場で現実に出ている差です。

 

驚くほど違いませんか?もう一度インターネットでもご自分の車がいくらで売られているか確認してみてください。店頭価格に追いつくことは難しいですが、少し金額を下げてもまだまだ査定と差がありませんか?