車 買取 交渉術

車買取、高額査定の極意!

MENU

自動車の査定は必ず何社かにお願いし、比較する

自動車の売却に関しては、少しでも高く売りたいのであれば、1社だけで売却を即決することはNGと言えます。ディーラーでの下取りで即決するのも同様です。日本人は交渉が下手と言われており、交渉することをカッコ悪いと言う方も実際多いのですが、この交渉でときには数十万円もの差が出るとしたらいかがですか?

 

自動車買取業者は、少しでも利益を出そうと必死です。最初に提示する金額というのは、当然相場より低めの値段ということになります。更に、相場での買取りということは、業者もしっかり利益が出ているということです。その当たり前のことを理解しておくことが、査定アップの大きなポイントと言えるのです。
しかし、1社だけでは本当にいくらが限界の金額なのかわかりません。そこで、必ず複数の業者に査定をお願いするようにしましょう。
でも、何社にも交渉しながら金額をつり上げていくのは本当に大変ですよね。そこで、利用したいのが「自動車一括査定サイト」です。これならば、業者もあらかじめ複数の業者が査定をすることも分かっているので、最初から限界に近い金額を提示してくる可能性が高くなります。提示してきた査定額の上位2〜3社で、最後の交渉に持っていけばきっといい結果が得られるはずです。

交渉は紳士的に

自動車の買取業者も人間です。感じの良い人と悪い人なら、どちらがいいですか?態度が大きかったり、見下していたりなどしていても果たしてそのような接し方で車が高く売れることがあるでしょうか?
こんな人には自動車買取業者もつい相場より低い査定を出してみたり、場合によってはまともに相手にされないこともあるかもしれません。

 

逆に、感じが良く低姿勢に接すれば、自動車買取業者も気持ちよく接してしまい、つい「高い値段で買ってあげないと申し訳ない。」という気持ちにもなるものです。しかも一括見積もりをしていることを知っているのでなお更いい値を出してくれるかもしれません。
でも注意が必要なのは、低姿勢でも粘り強く丁寧に自分の希望を伝えて上手に交渉しなければ、逆にペースに乗せられて低い査定で契約してしまうかもしれません。相手は自動車買取のプロですから。

何といっても「契約」するかしないか。契約間際の交渉が一番重要

最後の切札は、何と言っても「契約」です。 自動車一括査定と言っても決して機械的な査定だけではありません。最後に決めるのは人なのです。
ギリギリのラインを見極めるのは難しいですが、あと一歩というときには、「この条件ならすぐに契約書にサインします。」と最後のお願いをしてみることです。こういう状況にならないと、業者も本気で価格提示はしてくれません。自動車の買取契約が成立しないと買取業者も時間と人件費の無駄になりますし、営業マンも成績にならないので、契約が取れるなら多少利益が少なくても、相場の範囲内であれば契約を優先させる業者もいます。契約書へのサインは、これ以上ない武器になりますので、最後に取っておきましょう。

 

また、契約にあたっては、車両と必要書類の引渡しを、いつ行えるかという事です。買取業者の都合でいえば、最悪でも当月中、出きれば今すぐまたは翌日です。
自動車の相場は日々変動します。引き渡しまでの期間が長くなれば、相場変動リスクを考えて買取額を抑えなければなりません。
逆に、すぐに引渡しができるのであれば、買取業者も相場変動のリスクがありませんので、強気の値付けも出来るのです。最初は余裕を持って2週間後くらいの引渡し予定にしておいて、明日引渡しするので10万円上乗せして欲しいといったような交渉も出来ます。